フードロスについて

La cuisine d'angeは農林水産省の食品ロス削減国民運動「NO-FOODLOSS PROJECT」に参加協力しています。

  • 世界の食料の3分の1にあたる約13億トンが毎年捨てられています。
  • 日本でまだ食べられるのに捨てられる食品ロスは年間約643万トン(一年間の米の消費量に相当)だそうです。
  • 内訳は、家庭から291万トン(45%)、メーカー・スーパー・レストラン等の企業から352万トン(55%)です。
  • 家庭からのごみの半分以上は野菜だそうです。一方で日本で貧困に苦しむ児童は7人に一人と言われています。

日本の文化ともいえる「もったいない」精神は、元々は神聖なものに対して「扱いが不当である、恐れ多い」という意味で用いられた言葉だそうです。それが、ご飯の食べ残しについて言われるようになったのは、命を支える食物(米)を作る農家の方々への敬意の意味があるのです。

 

 

 

先ずはキッチンからできることをしていきましょう。どの講座でも、野菜を丸ごと使い切る方法、買い物の仕方、保存方法などをお伝えしております。捨ててしまいがちな野菜の皮やへたにはファイトケミカルが沢山!地球に優しいばかりか何より身体にとても良いのです。抗酸化作用、免疫力向上などの効能があるといわれているファイトケミカル(野菜の持つ機能性成分)を味方につけて、健やかな毎日を過ごしましょう。